読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

グラップラー簿記の資産形成

帳簿上最強の生物を目指す男のドタバタ資産形成奮闘記です。

手数料ウマーでしたとか開き直らんかいー

前記事ご参照ください。

 

rouge1789.hatenablog.com

 

負けました。敵は法外な手数料を取る運営会社ではなく、それに無関心な弊社従業員であることに気がつきました。確定拠出年金の勉強会での質問とその答えは以下の通りです。カッコ内は心の声です。

Q.他社比較で信託報酬が非常に高いが、その設定根拠は?
A.DC運営会社ごとに内情やコストは異なるため根拠は説明できない。
(はぁ?インデックスファンドを運用するのにどうやったら1%近い信託報酬になるんですかいー、純資産総額が少ないから高い信託報酬にせざるを得ないとか負けを認めんかいー、もしくは顧客は情弱ばかりなので手数料ウマーでしたとか開き直らんかいー)
 
Q.過去に信託報酬を改定したことはあるか?
A.ない。一度設定した信託報酬を引き下げることはあまりない。同様の商品で信託報酬の低いものを追加することはある。
(さっさと追加してくださいよー勉強会開催するごとに改定要求しますよー)
 
時間がなく質問タイムはソッコーで打ち切りでした。勉強会のあと同僚からはヤクザかと言われました。逆ぎゃく〜!法外な手数料取ってるのは向こうですが?!コンマ数%の信託報酬を気にする僕は白い目で見られました。複利で30年運用したらその差は無視できないのに…
 
冷静になって総務課に運用会社の変更は絶対に無理なのかどうか聞いてみようかと思います。それが無理なら…引き際も大切ですのでもう何も言いません。
 
配られたカードで勝負するしかないのさ。byスヌーピー
配られたカードはどうやら業界最弱のようです。