読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

グラップラー簿記の資産形成

帳簿上最強の生物を目指す男のドタバタ資産形成奮闘記です。

わたしとひふみとDCと 2016年11月

11月もなんだかんだ早く過ぎ今年もあと28日しかないです。クリスマスは今年もひとりで過ごしそうな予感。クリスマスの雰囲気大好きなんですけどね~本気で楽しんだことはないなぁ。クリスマスを楽しむって何?とか終わりない議論が始まりそうなのでやめとき…

ガイアの夜明けを見て思ったこと ~白い牛乳の黒い闇~(ただそれ言いたいだけだろ)

毎週火曜日夜10時といえばガッキー主演のムズキュンドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」ですが、昨晩は同時間帯に放送されているガイアの夜明けを見ました。番組タイトルは『巨大規制に挑む!~明かされる「バター不足」の闇~』。 行政だとか既得権益に不信感…

地上最強のマンガ家 ダブル板垣について

いま、週刊少年チャンピオンが熱いです。 小学校の頃からマンガは好きでしたが、正直、電車内でマンガを読むようなサラリーマンは軽蔑の対象でした。 今は僕も軽蔑の対象になってしまったわけですが 笑 面白いからしょうがないです。 昔から少年マンガ誌はジ…

歯磨きも雑になっていました。

僕はさくらももこさんの作品が好きで、マンガもエッセイも読んでいます。どのエッセイか忘れましたが、さくらももこさんは歯医者で定期検診を受けているそうです。それに触発され僕も20歳の頃から半年に一度、歯医者に通っています。 初めて受診する前、磨け…

マッピングすればまだマシな部類、と慰める。

毎日ブログアップしてる人ってすごいなー。とある界隈では無趣味で有名な僕なのでネタになる人生を歩んでおらず、書くこともとくになし。と思っていたけどぼんやりと書きたいなぁってこともいくつか。 いろんなブログを徘徊してると、自分と似た考えの人が意…

真面目クン、憤る。

小さい頃から「キミって真面目だよね」と言われ続けてきた。 なぜ真面目クンになったのかは不明。遺伝?環境? 真面目でズルせず正直にいることが大事だと考えていたし、今もそう思っている。 そんな真面目リーマンがいま、社内で非常に憤りを感じている。 …

ナチュラルキラー細胞のまにまに

後田亨氏の『生命保険は「入るほど損」?!』読了。僕も保険は否定派なので氏の主張はすんなり頭に入ってきた。保険屋が取っている手数料をはじき出し、「保険に払うお金を競馬や宝くじ等に回したほうが得である」という保険信奉者が聞いたら発狂してしまう記…

久しぶりにテレビを見た

久しぶりにテレビをみた。きっかけは大相撲千秋楽である。休日のお供のツイッターだらだらと眺めてたら今日が千秋楽であることに気付いた。人の前では相撲好きを吹聴してるが、実のところ好きじゃないのかもしれない。いや、そんなことはない。あの国技のル…

最悪の癖、流される社会人の行く末

社会人2年で、ある癖(ヘキ)が染み付いてしまった。その名も『定時退社申し訳ない癖』である。典型的な日本人サラリーマンの考え。『周りが帰っていないから帰りづらい』、『残業=頑張っている』といったイメージが付いてしまった。定時退社など会食時以外な…

積極的ネガティブという生き方

社会人になり丸2年経った。早いものである。いまだに先輩社員との距離を測りかねている。若いというだけで明るさを求められ、それが不満でしかない。若い=元気、明るいという公式が成り立つのであれば、小中学生は底抜けに明るく、50代、高齢者はおとなしく…

コスト削減もほどほどに

家計も企業も、手元により多くのキャッシュを残すには2つの方法しかないです。ひとつは収入を増やすこと、もうひとつは支出を減らすこと。 極端な話ですが、家計は破綻しても生活保護の制度があるので餓死することはありません。生活保護世帯がまた過去最高…

守銭奴と言われようとも。

良くも悪くも、お金を使うことを躊躇ってしまう性格なんです。お金かかるから旅行しない、お金かかるから新しい服も買わない、増えていく預金残高を眺めるのが楽しい。いつからこの性格なのかわかりません、気づいたらこんなでした。(といいつつ先月旅行して…

残りの人生で今日がいちばん若い日、なんです。

どこかで聞いた、とても印象に残っている言葉ですね。調べてみたら作家「盛田隆二」さんの本のタイトルでした。 小説はあまり読みませんが、これはとても心惹かれるものがあります。 周囲の人たちからは若いと言われることが多々あります。特に多いのが「若…